Top > スタッフブログ > 釣り2019⑥

榊原ブログ

2019,10,11

釣り2019⑥

仕事帰り釣行。雨天、小潮か長潮だったかの動きも少ない日だったと思います。まー雨なので上流で降雨があれば流れはあるかな?ぐらいの軽い感じで。1hぐらいしか時間がないので早々入水。水面をみると逃げ惑うベイト、暗闇でボイル音。居るではないか!とキャストを初めてすぐヒット。ダウンクロスにキャストして連続トゥイッチからの長めのポーズにモワッと吸い込む当り。念のため追い合わせを入れてファイト開始。なかなか寄ってこない。掛かりどころが悪いのか?

IMG_2834.PNG

BANZAI Acro135ボラに出たのは73㎝、3㎏弱。先ほどからベイトを追い回してた奴っぽい。

しばし蘇生で休ませてリリース後。場を休ませるか状況確認。まだざわついているので何匹か居そうだなとキャスト。すぐヒット。足元でバラシ。繰り返すこと3匹。計4匹40分ぐらい。静かになったので納竿。タモ忘れたのが痛い。

今回の台風で川の地形が大きく変わるのでまた調査からだな。



2019,10,05

釣り2019⑤

この忙しい時にいつ釣りに行ってんんだ?と思われそうですが会社帰りに1-2時間でも、心に余裕と潮廻りの良いタイミングが合わさると家を通過して釣りに行くのである。あとは土曜日の夜とか。IMG_2650.JPGIMG_2647.JPG

BANZAI SHEEP115にて、同行者とお喋りしながらリトリーブ中、完全よそ見した瞬間に出た一本。間と隙が良かったのでしょう。78cm。なかなかのファイトでした。

IMG_2805.JPG

BANZAIのスーハグにて。65cmぐらい。元気な魚でした。

このルアー最近よく釣らさせていただいてますが、前回のズーナマ釣った以降アクションに「長めのポーズ」を入れるようにしました。それに出た一本。

IMG_2809.JPG

そろそろ帰るかな?の時にBANZAIのSHEEP115に出たのだが、ファイト後半の水深20cmぐらいのところ(魚体半分出てた)まで寄せたところでフックアウトしてバラしてしまった残念でならない一本は確実にランカーサイズだっただけにかなり悔しい。カルティバST41#2がすっかり伸ばされました。ドラグ調整もほとんどフルロックに近い状態にもかかわらずジージードラグが出てしまうほどのパワーでした。

悔しい・・・

またすぐ行こう・・・

だから釣りはやめられない。



2019,09,28

拉麺パトロール62

東中野の現場が着工しました。現場からの守備範囲は東中野駅周辺と東西線落合駅周辺です。落合駅より早稲田通りの郵便局近くに出て山手通り方面に歩くと左手にあるラーメン屋に行ってまいりました。

IMG_2731.JPG

こちらです。「究極の煮干し味噌らーめん 人間ばんざい」です。

なかなかな店名です。すばらしい行列対応してますが、並んでいるところは見たことありません。気になって仕方なかったので行けて嬉しいです!!

食券買って、ガタイのいい金髪の男性店員に渡す。お好み聞かれてまずは当然普通(スタンダードと言うらしい)

IMG_2730.JPG

注文は当然ながら、煮干し味噌らーめん。大盛ネギTPG。

なかなか美味い。期待外れを期待していたので期待を裏切る美味さとでも言いましょうか。煮干し出汁と味噌のバランスも良いし表面を覆っている油は動物系かな?生姜の風味も若干感じる。量もまーまー。(¥930だったかな?)ネギが小口切りならもう少し粗い方が好みかも。

期待外れだったのでまた行ってみようと思った。

しかし、東中野で味噌と言えば「みそや林檎堂basic」があるから、みんなあっちに行っちゃうのかな?



2019,09,21

拉麺パトロール61

久久にラーメン。

東中野の油山へ再び訪問。

IMG_2691.JPG

やみつき辛油そば。だったかな?に白ネギ温玉TPG

前回は普通のでしたので。こっちの辛いのなかなか美味しいです。

忙しいのでまた。



2019,09,14

釣り2019④

また釣りネタである。

干満差が大きいとき、大潮や中潮はポイントで他人とかち合う事が多いので、そのあたりは避けて行くことが多い気がします。この日も小潮~長潮で下げ緩く、ベイトっ気はあるもののスズキの気配はない。すると暗闇でパンッと乾いたバイト音。どうやら奴がご出勤らしい。自分の経験上、奴がご出勤の時はスズキは出ない。ちょっとやる気削がれたが気を取り直してキャスト。居付いていそうなところを探るが反応なし。こりゃ厳しいかな?やはり・・・

なんて考えながら対岸にアップクロスでフルキャスト。うまく流心の向こう側に。スロー目にトゥイッチで誘い自分の想像ではルアーが50cmぐらい潜ったところでリトリーブを止めてプカっと浮いたところでリトリーブを開始しようかと思ったところでパンッと乾いたバイト音。合わせを入れて手繰り寄せる。底を這う感じで浮いてこない。

奴だ・・・

奴に違いない・・・

うねうね寄ってきたのをタモでランディング。

IMG_2541.JPG

奴!奴の名はズーナマ!50UP!!ルアーはBANZAIのスーパーハグハグ。スーハグ凄い。ナマズにも効く。おそらく浮き上がりの速度、ポーズの間が良かったのでしょう。基本ズーナマは捕食ヘタッペだと思ってます。思っているのは自分だけかもしれませんが。

因みにズーナマの自分の記録は65cm。メガバスのPOPMAXで出した記憶が。ポコポコとポップ音出して長めのポーズでパコンと出たのよね。ホーム河川で仲間内で初めてズーマナが出たのでそれ以降その場所は「ナマズの所」と命名されました。

我がホーム河川のポイントにはすべて命名しており仲間内でしかわからないようになっております。

堰(これはわかるけど)、犬、犬の反対、ナマズ、カナヘビ、JR下(これもわかるね)、nksb、16号、カキ・・・

第二のホーム河川は、堰、デリヘル、OBJ上、OBJ下、タコ部屋など。

先日の台風15号で千葉はなかなかどえらい事になってます。この週末は自粛かな。しかし川の様子も気になる。

様子見に行くだけだから!



2019,09,07

釣り2019③

シーズン始まると忙しくてもなんとか時間を作って1時間でも行っちゃうのである。川で釣りをして、のめり込むと台風などの影響で増水してる、またはしてるのでは?となると何だか気になって仕方がなく、遂には様子を見に行ってしまうのである。たまにニュースとかで川の様子を見に行った男性が行方不明に・・・とか言っているのを聞くと「オヤジ行ったのか?」と、知らない人だし、そもそもオヤジかどーかもわからないのだが、何だか他人じゃない気がしてしまうのは自分だけでしょうか?、何を言っているのかよくわかりませんが、川は最高なのである。

IMG_2521.JPG

大潮後の小潮~長潮の干満差は低いが、おそらく堰の水門は開いたであろうと予想して、ある程度の流れを期待しつつ22:00過ぎに入水。ベイトちらほら。今期のヒットルアーから自分の鉄板ルアーで攻めるも反応なし。久々にミラクルワークスのGAGUZ140?130?をセット。増田氏の後期の作品で、かなりタマ数少ないルアー(中古、ヤフオクなどでもあまり見かけなくなった)なのでロストを考えると投げるのを躊躇ってしまう。久々に投げてみると思っていたより操作しやすい。3投目ぐらいでヒット。こっちに向かって泳いできてのフックアウトが多いので、今回も同じ状況になったので急いで巻いて即ランディング。元気な70cm。

その後は居そうではあるものの沈黙しているので納竿。

ランカークラスはいつ出るのやら・・・



2019,08,26

釣り2019②

先週末も家族が寝静まったタイミングで犬が吠えないよういい子いい子してホーム河川の様子を見に。

小潮~長潮、満潮22:19-干潮05:49 下げ幅1mぐらい。

23:00着。そそくさと着替え入水。

流れは緩く、ベイトがたまにぴちゃぴちゃやってる感じ。

場が荒れないよう様子見ながらキャスト。ルアーもチェンジしながら先週のヒットルアーも混ぜつつが1h程続き今日はダメかな?と思った矢先にドスンっとバイト。慎重に寄せて無事ランディング。

IMG_2335.JPG

IMG_E2336.JPG

72cmのスズキ。まだ少し痩せ気味(2.2kg)これからたくさん食べて太るのかな?

ヒットルアーはBANZAIのスーパーハグハグ。昨年はランカークラスを2本引っ張り出した名作ルアー。ビルダーのこだわり凄まじく、木曽ヒノキのAD材(自然乾燥材、おそらく材木屋で2~3年3寝かした材)を使用し木目を見ながら加工している逸品。値段もそれなり(プラ製ルアー4-5個分)だが釣れるから良いのだ。

その後もまた釣れない時間が続き、雨も降り始め、また1時間ぐらいたった時に、ルアーはローテーションしてまたスーハグにゴンッと強いバイト。締め気味のドラグがジージー出る。大物の予感。よくバレる駆け上がりからは強引に引きずり出したところでエラ洗い。やはり中々のサイズ。こりゃ捕らねばとエラ洗いを嫌い竿を寝かしたところでこちらに向かって泳いできたところでテンション抜けて敢え無くフックアウト・・・。慎重になった結果のバラし。

逃げた魚はデカかった・・・ とはよく言ったものです。

8月のこの時期から釣れ始めるのは,例年に比べ上流からの水温が下がるのが早いのか、海水温が下がらないからか、俺が腕を上げてしまったからか・・・

ではまた。

(ラーメンもちゃんと食べてるので安心してください!)



ブログのトップへ

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ